なかなかない。

と思うのですひとのうちのカレーライスをごちそうになる機会というものは。